子連れ旅の記録

子供連れでいろいろ出かけてみます

ディズニーチケット争奪戦に参加しました(勝利しました)


入場制限がかかっているディズニーランド、ディズニーシーのチケットは、すごく取りづらいみたいですね。

春休みにディズニーリゾートに行く予定なんですが、ディズニーランドホテルを予約しているのでチケット争奪戦は無縁・・・と思っていたんですが

「チェックイン日も遊びたい・・・!」(宿泊者が買えるチケットはチェックイン日の翌日から)

と思い始め、チケット購入祭りに参加してみました。

これがまさに苦行で。
得たくも無かった知見がいくつかありますので、今後買う方の参考になれば。

なお、すべて個人の体験&個人の推測です。

そして、ディズニーリゾートのWEBサイトの規約によると、サイトのスクショの利用はおそらくNGのため、画像はございません。あしからず。

あ、ちなみに筆者はネットワークには多少詳しい(自称)ヒトです。

f:id:trial-and-error:20170407182738j:plain

 

3Dタッチに意味があるか?

Twitterで話題になっていた、iPhoneでプレス or 長押しでリンク先がチラ見できる「3Dタッチ」を使うと繋がりやすいという噂。

繰り返し素早くアクセスするという点では便利ですが、特に効果があるのかというと・・・疑問です。後述しますが連打は逆効果に思えるので。

3Dタッチを試したらたまたま繋がった → ツイートする → 話題に。

というだけな気がします。

いやまあもちろん試したんですけども。効果は実感できませんでした。

ちなみにリンク先はこちらです。このURLを3Dタッチでアクセスしまくって、エラーページじゃなければすかさず遷移して購入手続きをすすめる感じ。

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/ticket/search/

連打は逆効果?

3Dタッチのコツを掴んで2秒に1回ぐらいでアクセスしまくっていたら、

Access Denied

がたまに現れるように。

これはWEBサーバーとしては正常に動作しつつ、アクセスを拒否している状態です。なのであまりに頻繁なアクセスは逆効果のようです。

このことから、予約サイトのサーバーとしては

  • 無事に接続
  • ソーリーページ(現在アクセスできませんというオレンジ色の何百回も見るやつ)
  • Access Denied

この3種類が返される感じですね。正常時(混雑時含む)であれば。

インターネット回線で差はあるのか?

Twitter見ていると"回線が強い"という謎のワードを見るんですが、正直よくわかりません。

予約サイトがめちゃくちゃ性能高くて設計もイケてて、先着順でアクセスできたら勝ち!ということであれば、

  • サーバーと物理的な距離が近い
  • 帯域幅が太い

等を "回線が強い" と表現しても良いかもしれません。

が、ディズニーリゾートのチケットサイトは

  • サーバーは落ちない(ソーリーページへ飛ばす)
  • 接続数を絞りまくっていて買える人が少ない
  • 一瞬で売り切れるわけではなく、数時間は在庫がある状態

という状態なので、"回線の強さ" は無関係に思えます。

 

回線で差があるとすれば、グローバルIPアドレスを持っていれば有利になる可能性があります。
上記のAccess Deniedはおそらく、

N秒以内にN回以上のアクセスが同一のIPアドレスからあった場合に接続を拒否する

このような設計になっていると推測します。

プロバイダからプライベートIPアドレスを割り当てられている場合、予約サイトとの通信時に使うグローバルIPアドレスは他人と共有しています。

例えば同じマンションの人は同じグローバルIPアドレスを共有している場合、マンション内にチケット争奪戦に参加している人がいると、接続拒否されやすくなる、かもしれません。

 

もしかしてこのことを "回線が強い" と言っているのかな・・・? 

端末により有利不利があるのか?

某チケットサイトではガラケー用サイトの「枠」があって、スマホやPCよりもガラケーの方が取りやすかったという話を聞いたことがありますが。

ディズニーチケットに関しても、いろいろな噂がありますよね。

  1. Wi-Fiより4Gの方が繋がりやすい
  2. パソコンならすぐ買えるよ
  3. パソコン、スマホ、タブレット全部使ったら買えた

などなど。

 

1つ目、Wi-Fiより4G(に限らず、モバイル回線)説。可能性としてはあるかもしれません。
Wi-Fi = 自宅のインターネット回線 = 共有グローバルIPアドレスの利用者が多い というパターン。
携帯キャリアが確保しているIPアドレスレンジは膨大ですがユーザーも膨大です。使用しているアドレスは公開されていますので、この範囲に限ってはアクセス拒否の閾値を引き上げている・・・かもしれません。

 

2つ目、パソコンですぐ買えたよ。

これは・・・ただの運な気がしますね。スマホもWi-Fiに繋がっているのであれば通る回線は同じでしょうし。

 

3つ目、複数機器を使う。

インターネット回線が機器ごとに違うのであれば効果はありそうです。

要するに端末が影響することはほぼ無いと考えています。性能が異常に低くて画面表示が明らかに遅いとかだと不利でしょうけども。

一旦つながれば買える、とは限らない

こちらもTwitterで見たんですが。

一度繋がったら買えるから安心して

残念ながら日付選択後に無事に切断されました。油断なりません。この時は本当にガッカリしました。

ソーリーページにキャラクターを表示させないのは素晴らしい設計だと思います。とてつもない負の感情が向けられるでしょう。

現在販売していません、でも諦めるな

無事に日付選択できて、チケット選択画面に行った・・・・!

にもかかわらず、売り切れていることがあります。ありました。

ウソでしょ・・・・やっとつながったのに・・・・在庫状況「○」だったのに・・・

と思っても、もう一度最初から予約サイトを開いたらまだチケットが残っていて買えました。表示の不具合なのか、誰かが確保したけども決済まで行かずに在庫が復活したのか。

とりあえず諦めるのはまだ早いというお話です。

クレジットカードのCVV入力後にフリーズしても慌てるな

クレジットカード裏面の3桁のCVV(セキュリティコード)を入れて「もうすぐ勝利だ・・・・!」

からの、フリーズ。真ん中のクルクルアイコンすら回っていない状態。数分待ってもダメだったので、以下を試したところ無事に購入が完了しました。

  1. 1ページ戻ってもう一度次に進んで見る → ダメ
  2. Wi-Fiのせいかと思い、4Gに切り替えてみる → サーバーとの接続が切断されました
  3. リロード
  4. もう一度次に進む
  5. 無事購入完了!!

ということで、ここまでくれば戻ったりリロードしたりと無茶なことをしても意外と無事みたいです。

CVV入力の次は購入内容の確認画面なので、ここなら二重決済などの危険もなさそうです。
もし確認画面で確定を押したときに同じ状態になったら・・・最初からやり直したほうが安全かもしれません。

結局どうすれば繋がりやすいの?

争奪戦に参加したのは1回だけですが、今回の体験をもとにすると

  • あきらめるな
  • 端末はスマホ1台でいい。Wi-Fiとモバイル回線どちらを信じるかは自分次第。
  • 3Dタッチは必要ない、むしろアクセスする間隔を開けろ
  • あきらめるな

こんな感じでしょうか・・・。つながるかどうかは運なので、まずは嫌われることをしないというのが大事かも。

ちなみに今回購入した瞬間の回線は、UQ mobileでした。まああまり関係ないと思いますけど一応書いておきます。 

まとめ

苦行の一言でした。夢と魔法の国へのチケットはそう簡単に入手できないのですね。ディズニー好きなんですけどこれはもう経験したくない。

4月以降の入場者数は20,000人まで増えるみたいなので、これからはだいぶマシになる・・・はず?

みなさまの苦行が早期に終了することをお祈りしています。 

ディズニーリゾートの記事はこちらにまとめてます。よろしければどうぞ!

blog.familyvacation.jp