子連れ旅の記録

子供連れでいろいろ出かけてみます

初島アイランドリゾート 2018/11 トレーラーヴィラ宿泊

前回の記事で初島へ渡ったわけですが、今回は泊まったトレーラーヴィラについて書いていきます。 

blog.familyvacation.jp

予約内容

  • 大人2名、小学生1名、幼児1名
  • 63,000円/泊。ただしアフターホリデー割引で2泊目半額。
  • 夕食、朝食付き 

割と直前に決めたので、公式サイトから普通に予約。
どこか別のところから予約したほうが安い、かもしれない。ベストレート謳ってるわけでもないので。

www.pica-resort.jp

普通に連泊すると庶民にとっては高額になってしまうので、「ハッピーフライデー」や「アフターホリデー」割引の日を選んで行きたいところ。今回は子供の学校が月曜日振替休日だったのでアフターホリデー割引が利用できました。
割引の適用はシステム的にはされず、備考欄に自分でその旨を書いて現地で割引されるというアナログな感じ。書き忘れからの当日申告はさすがに対応してもらえると思いますが、割引制度に気づかないと正規料金取られるんでしょうね。

子供の料金ですが、3歳まで無料です。4歳から小学生が子供料金となります。

フロントまでの道のり

f:id:trial-and-error:20181111144607j:plain
Welcome to Hatsushima.

 

f:id:trial-and-error:20181111144827j:plain
フロントへ直行したかったんですが、ここのスーパーが気になって寄り道。島内で唯一のスーパーのハズ。
価格は本土より1〜2割高めってとこでしょうか。おつまみ、飲み物(アルコールもあります)、お菓子、カップ麺などなど基本的にそろってます。普通のコンビニからお弁当、惣菜を抜いた感じ。
クレジットカードはもちろん使えません。島内にATMも無いらしいので、現金は多めに持っていったほうがいいかもしれません。
宿泊先では食べ物持ち込みNGですが飲み物はOKだったのでここで飲み物買って行きました。が。止まったトレーラーのすぐ裏に自販機があったので買う必要ありませんでした。重かっただけ。

f:id:trial-and-error:20181111150825j:plain
港近くには飲食店が並んでます。
閉まるのは結構早そうです。

 

f:id:trial-and-error:20181111151154j:plain
道路というか歩道はあんまり状態よくないです。キャリーバッグはタイヤの口径が大きく無いと辛いと思います。大きめのリュックで来てる人が多かったです。

【ZUCAプロ】 ZUCA ProTravel Silver/Black

【ZUCAプロ】 ZUCA ProTravel Silver/Black

 

今回はこのキャリーバッグで行きました。タイヤは大きめですが、何箇所か持ち上げないと通れないところも。

 

f:id:trial-and-error:20181111151247j:plain
海沿いに歩いていきます。
落ちたら死にそうだな・・っていうところもあるので、幼児は手を繋いで歩きました。

 

f:id:trial-and-error:20181111151644j:plain
この辺はきれいに舗装されてます。

 

f:id:trial-and-error:20181111151745j:plain
すごい曲がりくねってる木。

 

f:id:trial-and-error:20181111153837j:plain
こちらにフロントがあります。
島の湯(お風呂)の受付もこちらで。料金は全額前払いとなります。ここではクレカ利用可。

 

f:id:trial-and-error:20181111153544j:plain
説明の紙。
「スピーカー・スマートフォンなどで音楽を流すことは禁止となります」が意外だったけど、実際に泊まったら本当に静かなので納得しました。

 

f:id:trial-and-error:20181113115154j:plain
さて、フロントからさらに歩きます。
まずは90段ぐらいの階段。結構きつい。

 

f:id:trial-and-error:20181111155429j:plain
途中のアジアンガーデンを抜けて無事到着。
フロントで行き方をちゃんと聞いても途中で道を間違うという。

 

f:id:trial-and-error:20181111155543j:plain
今回泊まるのはT2。
トレーラーによって構造が違うのかどうかは謎。

 

f:id:trial-and-error:20181111162621j:plain
入り口の階段は手すりがなく、網戸と扉は外に開くので小さい子供が自分で入るのは難しいですね。

 

f:id:trial-and-error:20181111160120j:plain
リビングでいいのかな。ソファはベッドになります。
部屋の広さは21平米ほど。

 

f:id:trial-and-error:20181111161857j:plain
反対側から。

 

f:id:trial-and-error:20181111155738j:plain
ベッドルーム。幅はなかなかありますが、縦が短いです。170cm以上の方だと足がはみ出ると思います。
日中は日差しが強く車内が暑くなります。そして夜は寒い。でもエアコンはかび臭くてとても使える状態ではないという・・・。暑さは換気で、寒さは布団でなんとかしました。

 

f:id:trial-and-error:20181113070241j:plain
端っこには超コンパクトは2段ベッドがあります。イメージとしては潜水艦の乗組員用のスペース・・・って感じ。

 

f:id:trial-and-error:20181111160113j:plain
キッチン。シンク、レンジ、コンロ、冷蔵庫など完全に揃ってます。オーブンもついてますが使えるのかな。

 

f:id:trial-and-error:20181112084322j:plain
上の戸棚にはフライパン、ラップ、アルミホイルが。

 

f:id:trial-and-error:20181111160031j:plain
シンク。お湯も出ます。赤い鍋は2日目の夕食で使いました。

 

f:id:trial-and-error:20181111160054j:plain
コンロの着火はチャッカマンで行います。

 

f:id:trial-and-error:20181111155755j:plain
ミニ洗面所。ボディソープ、シャンプー、歯ブラシなど最低限は揃ってます。

 

f:id:trial-and-error:20181111155801j:plain
トイレはなんの機能もなく、ウォシュレットや便座の保温機能のありがたみを再認識。
お風呂は超せまいです。立つだけでもういっぱいいっぱいです。階段の登り降りが面倒ですが島の湯がおすすめですねー。
シャワーの水圧も弱めです。

 

f:id:trial-and-error:20181113070227j:plain
トイレの上の換気扇。
つまみを回すと屋根のフタが開きますが、つまみのところは網戸がないし虫の侵入が嫌で開けませんでした。
ちなみにファンはスイッチを入れても回らず。壊れてるのかな・・・

 

f:id:trial-and-error:20181112211549j:plain
お風呂のシャワーカーテンはひどい有様でした。レールと2箇所しかつながってない。

 

f:id:trial-and-error:20181111163752j:plain
入り口付近には虫よけの類がたくさん。夏はヤバそうです。11月で結構涼しかったのに虫は割といましたねー一番の恐怖はゴキっぽいのが車内にいた事ですね。

 

f:id:trial-and-error:20181111163835j:plain
ライト、ティッシュなど。
ゴミ箱はこの他に燃えると生ゴミ用(蓋付き)があります。生ゴミの蓋を開けっ放ししといたらすぐに虫が寄ってきたので蓋は必須ですねー
ライトは島の湯に行くときに使います。街灯がほとんどない上に、夜間は星を見やすくするために消してるとのこと。なので本当に真っ暗です。備え付けのライトは正直明るさ不足なので、持参したほうがいいかもしれません。

今回は防災グッズとして用意してあった1000ルーメンのライトを持っていきました。十分な明るさでした。

 

f:id:trial-and-error:20181111195108j:plain
天井は結構低いです。身長175cmの目線がこのぐらいです。なんども頭ぶつけました。

 

f:id:trial-and-error:20181112080613j:plain
雨の時はハンモックを外して屋根のある場所に移動してほしいそうです。
夜間に降ったときはスタッフが外してくれたようで、朝見たらこんな状態に。

 

f:id:trial-and-error:20181111155848j:plain
外のバーベキューコンロ。
ガス出して左のボタンを押すとスパークが出て着火できるはず・・・なのに着かないなーと思ったら車の方で元栓しまってました。

以上、トレーラーヴィラについてでしたー
トレーラーに泊まるなんてなかなかできないのでいい経験でした。難点は清掃・メンテナンスがほぼされてないということですね。複雑な構造なので掃除はとてもしづらそうですが、もうちょっと頑張ってほしいです。

初島に関する記事はこちらからどうぞ!

blog.familyvacation.jp