子連れ旅の記録

子供連れでいろいろ出かけてみます

スポンサーリンク

南紀白浜マリオット 2017/8 プール

南紀白浜マリオットの滞在記、今回はプールについて書いていきます。

屋内プールはなく、屋外プールのみ。7月〜9月中旬が営業期間で、営業時間は8:00〜18:00となっています。
公式サイトには夜間にライトアップされたプールの写真が掲載されていますが、この営業期間・時間だと観賞用ですね。

宿泊者は無料で利用できますが、なんの確認もありませんでした。

更衣室

f:id:trial-and-error:20170819112134j:plain
1Fに更衣室&プール入り口があります。
更衣室からプールに出られますが、更衣室を通らなくてもプールに出られる扉がありました。
手前が男性用更衣室、奥が女性用更衣室。
右奥にちらっと見えるのはコインランドリー。

 

f:id:trial-and-error:20170819112144j:plain
更衣室は狭く、ロッカーも小さめです。
ウォーターサーバーや基礎化粧品などは一切ありません。
ロッカーは鍵を掛けるのに100円が必要なので注意してください(100円は解錠時に戻ります)。
ホテルのロッカーで硬貨を要求されたのは初めて・・・かも。

 

f:id:trial-and-error:20170819112202j:plain
更衣室の隣にはトイレ。

 

f:id:trial-and-error:20170819112205j:plain
シャワーブースもあります。

 

f:id:trial-and-error:20170819112212j:plain
シャワーブースの中。シャンプー類は置いてありません。

 

f:id:trial-and-error:20170819112154j:plain
脱水機はあります。使おうと順番待ちしていましたが、日本語通じなさそうな方が5分ぐらい回していて、あきらめて部屋に帰りました・・・。
30秒も回せば十分なんじゃないかなー。

プール

f:id:trial-and-error:20170818114957j:plain
右奥の柵で囲まれたエリアは幼児用で、水深57cm。
その他のエリアは110cm〜120cmとなっています。

 

f:id:trial-and-error:20170818113315j:plain
反対側から1枚。
22m × 12mなのであんまり広く無いです。
泳ぐエリアとプレイングエリアは特に別れていませんので、黙々と泳ぎたい人やウォーキングをしたい人には向かないですね。

 

f:id:trial-and-error:20170819112500j:plain
さらにもう1枚。これは晴れてる日のものです。

 

f:id:trial-and-error:20170818113320j:plain
プールサイドにはビーチチェアが並んでいます。
こういうところは朝イチで確保しないとダメなイメージがありますが、割りと空いてました。

 

f:id:trial-and-error:20170818114838j:plain
階段になってるので子供も入りやすいです。
なぜか大量の砂が沈んでいました。白良浜から風で飛んで来るんでしょうか。

 

f:id:trial-and-error:20170818115638j:plain
貸出備品はビート板とアームヘルパー。
あとタオルも言うと貸してもらえます。その辺に積んどいてくれればいいのにと思います。
ちなみにプールのスタッフはあんまり愛想よくなかったです・・・炎天下でプールも入れずストレスが溜まってるのかも。

 

f:id:trial-and-error:20170818113328j:plain
プールはホテルに隣接してます。

 

f:id:trial-and-error:20170818115654j:plain
プールサイドの自動販売機。電子マネーは一切対応していませんので、買う場合は現金をお忘れなく。
ロッカーでも100円必要ですし。

 

f:id:trial-and-error:20170818115659j:plain
空気入れが利用できます。
ビーチボール、浮き輪、大型の・・・なんていうんでしょう、人が乗れるサイズのサメみたいなものも持ち込みOKのようです。

まとめ

ちょっと狭いですが、そんなに混んでないので子供の練習に良かったです。
部屋から水着で行ってもギリギリ許される・・・かなと思います。1Fロビーエリアを通りますが一瞬なのでそんなに人目に付かないです。

南紀白浜マリオットの他の記事もどうぞ!

blog.familyvacation.jp

スポンサーリンク