子連れ旅の記録

子供連れでいろいろ出かけてみます

スポンサーリンク

オキナワマリオット 2017/5 朝市、ネイルサロン、クラフト体験等

オキナワマリオット編、最後は個別に記事にするほどものでもない話を。

朝市

f:id:trial-and-error:20170514101425j:plain
毎朝ロビーで展開される「朝市」。朝7:00~10:00だけ開催。

f:id:trial-and-error:20170503094011j:plain
いろいろな野菜、果物が並んでます。天ぷら用バナナなんてあるんですね。
生果に限らず、普通のお菓子やお土産も売ってます。
ここは部屋付けができないので、お財布を忘れずに。

ネイルサロン

f:id:trial-and-error:20170503150527j:plain
地下にあるネイルサロン。

 

f:id:trial-and-error:20170514101446j:plain
せっかくなので子供に初ネイルを体験してもらいました。
小学生以下向けにキッズプランがあり、ハンドはファイル+カラー+アート2本で2,700円でした。

f:id:trial-and-error:20170503143825j:plain
アートはここから2種類を選びます。

 

f:id:trial-and-error:20170503151104j:plain
完成品がこちら。二人ともうれしそうでした。
乾くのに1時間かかるらしく、下の子(3歳)は触ってちょっと崩れてしまいました。

ショップ

ホテル内には

  • お土産屋さん(7時~22時)
  • 服、靴など(7時~22時)
  • コンビニ(7時~25時)

の3つのショップがあります。
ホテル周辺にはほぼ何もないので、充実させているのかと思います。営業時間が長いのも嬉しいです。

いずれも部屋付け可能でした。

f:id:trial-and-error:20170503142656j:plain
服、靴などを扱っているお店。
水着、ゴーグル、ラッシュガード、サンダル、かりゆしなどいろいろあります。

コンビニは小さめですが、割と充実しています。アルコール、ジュース、アイス、カップめん、お菓子などがあります。

キッズスペース

f:id:trial-and-error:20170503142640j:plain
ホテルの規模の割には極小のスペースがあります。
レストランが近くにあるので、入店待ちかごはんに飽きた子供を連れてくる場所かな?
遊んでる子供はあんまり見ませんでした。

コインランドリー

f:id:trial-and-error:20170503105944j:plain
今回は長めの滞在でしたのでコインランドリーは助かります。
子供はどんどん汚しますからね~。

 

f:id:trial-and-error:20170503110654j:plain
洗濯機と乾燥機がたしか5セットあったはずです。
ゴールデンウィーク中は利用者が多いのか、全て埋まっていることもありました。

 

f:id:trial-and-error:20170503110632j:plain
洗剤も売ってます。
洗濯は500円、乾燥は200円/20分です。
量によりますが乾燥40分とすると、1回の洗濯~乾燥でちょうど1,000円です。
なお、ランドリーサービスもそんな高くなかったので、乾きにくい衣類は頼んだほうが安いと思います。

 

f:id:trial-and-error:20170503110536j:plain
脱水機はプールの更衣室にありますが、コインランドリーの部屋に置いてありました。

電子レンジ

f:id:trial-and-error:20170507111857j:plain
アイスディスペンサーの隣に電子レンジが設置されてました。
今回は使いませんでしたが、あったらあったで嬉しいですね。我が家はもう卒業していまいましたが、離乳食あっためるのにも使えますね。
しかもチンを待つソファまで置いてあるなんて至れり尽くせり。

クラフト体験

www.okinawa-marriott.com

フォトフレームやジェルキャンドルの作成、シーサーの絵付けなどができます。
WEBサイトによるとゴールデンウィークと夏休み期間しかやってないみたいですね。

ゴールデンウィークの営業時間は18時~22時(最終受付21時)でした。

f:id:trial-and-error:20170520234436j:plain
今回はジェルキャンドルを作ってみました。
このワイングラスタイプのものは、基本料金が確か2,300円です。これに好きなパーツ(別料金)を足していく感じ。
パーツは貝殻、サンゴ、ガラスなどいろいろあり、100円~500円ぐらいだったかと。

好きに作らせたら、1つ6,000円のキャンドルが完成しました!
スタッフのお姉さんにも「高級キャンドルになってしまいましたね」というお言葉をいただきました。
もう少し大きくなって計算できるようになったら、予算内で作ってもらいましょう・・・。

高く付きましたが「いつ、どこにいった」というのがわかるので、個人的には気に入ってます。

あ、ジェルキャンドルの注意点として、

  • 飛行機は機内に持ち込むこと
  • 縦のまま持ち運ぶこと

という説明がありました。なので持って帰るのがちょっとめんどくさいです。

まとめ

以上、オキナワマリオットの雑多な話でした。

オキナワマリオット リゾート&スパのほかの記事もぜひご覧ください。

trial-and-error.hatenablog.jp

スポンサーリンク